直感的に使えるホーム画面?

SFAを提供している会社のサイトを見ると、その特徴として直感的に使える、という言葉を目にします。直感的に使える・・って、普段私の生活の中では使わない言葉なので「どういうこと??」と思ってしまったんですが。恥ずかしくて誰にも聞けずじまい^^直感とは「推理・考察などによるのでなく、感覚によって物事をとらえること」と説明されています。なので、私的には簡単に、見たままの操作性・・つまり簡単に使えるホーム画面!と捉えているんですが、これで合ってますかね?^^

営業を担当している人の中にはITにとても詳しい人、そうでない人、あるいは全く解らない人がいるはずです。そんな全くITが解らない人でも初めて見たホーム画面を使いこなせる、こんな感じでしょうか。

こんな直感的なホーム画面って大事ですよね。他のツールでもそうだと思うんですが、ホーム画面を見た瞬間、このツールを使うかそうでないか決まっているような・・。それほどホームの画面は重要なポイントだと思いますね。

CRM比較

SFA導入の成果が出ない理由とは

社内の状況を良くしよう、営業成績が上がるようにと導入したSFAが、かえって仕事の量を増やしてしまい成績アップなんて程遠かった・・という事例があるそうです。

ずっとそれまでやってきた仕事の量に加え、SFAへの入力への時間が増える。従って全体の仕事量が増加しただけで何も成果が出ないシステム。そんな事態になっていませんか?これでは現場の人間はシステムへの不信感しか残りませんよね。成果が上がらない理由はここにあったんです。

そもそもSFAを導入することは、営業活動の負担を少しでも減らして営業効率を高めるということ。それの逆を行ってしまっているわけですからね^^

このような成果が出ないシステム導入は失敗とも言えます。そうならないようにするためには、手書きの日報を無くす、上司との会議、連絡業務はクラウド上の日報でやり取りするなどの方法を取ると良いそうです。そして、システム導入前まで使っていたシステムとの連携をしっかりと進めること、これもまたポイントということです。

昔は足で稼ぐことができた

今と昔の営業で大きく違うところ、それは足で稼ぐ、ということ。昔は直接顧客と接触することで受注があり、さらにそこから顧客情報を得、売り上げを伸ばせるような時代でした。飛び込みの営業でもそれは同じで、信頼性が高まればどんどんと仕事は入ってきたそうです。

また、知り合い、友だち、家族などの紹介でも情報があり、そこから営業が進むこともあったとか。保険や銀行、郵便局などはまさにそうですよね^^でも今はそのようなこと無理な時代になってますよ。まず、人に他人の情報を言うことは無いし、保険、銀行、郵便局、すでに利用している人ばかり。飽和状態にあります。

これは多くの企業でも同じことですよね。だからこそ、現在注目されている営業支援システムが力を発揮するのでしょう。人が勘で動き、根性で営業していたところを、情報収集、分析によってよりきめ細かな営業方針を立てられることが可能になったんですね~。

足で稼ぐこともまだ開拓の余地はあるのかもしれませんが、最新のシステムを使いながら昔の方法も取り入れる、このようなスタイルはいかがでしょうか^^

参考:ligincのCRM比較記事

ロボットが営業支援ツールに

昨年、政府は「ロボット新戦略」を公表しました。低迷、減速していた日本経済を再興させるためにロボットを使った新しい産業を、という趣旨のものとに2020年の東京オリンピックまでに様々なロボット産業の革命?^^が起きるようですよ。

その一つとしてすでに民間で始まっているのが、ロボットの営業支援活動。ロボットが会社の受付業務を行う中で、名刺交換、案内、待ち時間のお相手を行うといったことができるようになりました。これだけで終わるのであれば、今までのロボット技術だけでも可能だったでしょう。これからは、これらの情報やCRMと、営業スタッフのスケジュールや営業の参考となりニュースなどをロボットが選択して結びつけ、営業の支援を行うことが可能になるそうなんです。

他にもホテルの受付ほかすべての業務をロボットが行ったり、家の中にもロボットの活躍の場が出てきました。

また、介護の場やサービス現場にもロボットが次々と導入されているんですよね。人間の仕事をロボットに奪われ、ついには世の中までロボットに乗っ取られるのでは?と危惧する声もありますが、ロボットがいない世界にはもう戻れませんよね。。

女性のユーザーもぞくぞくと

経済番組の冒頭で紹介されていたのが、格安SIMスマホ。月々の利用料金が2,000以下という、本当に格安で使えるスマホですが、法人向けのスマートフォンとしての市場で優位に立っているのかと思いきや、個人での利用者もかなりいるんですね。

また、最近では女性のユーザーもぞくぞくと増えているんだそうです。一人の女性の例を挙げてみますと、auとドコモのユーザーを経験した方。その友人が楽天モバイルに乗り換え、格安SIMのZenFoneを勧められたそうです。それだけ良かったんでしょうね~。ほどなくして家族も格安SIMを提供している会社に乗り換えをし、そこではauで使っているスマホも利用できる!と知ったとのこと。その時点で女性も格安SIMのユーザーになったそうなんです。きっかけってこういうもんなんでしょうね。2人以上の経験者がいると、女性って結構安心するのかもしれません^^

何となく格安SIMのことは知っていても、自分がそれを利用するとなると、知識を集めること、経験談を聞くことって女性にとっては必要ですからね。最近になってやっと女性にも格安SIMの知識が広まり、周りの人たちからの経験談も聞けるようになり、ユーザーが増えているのかもしれません。

GPSを営業管理だけではなく行動支援に

日本での発売は未定だそうですが

レノボから発表された新しいスマートフォンのPHAB2 Pro。Googleが開発した立体認識技術、Tango対応スマートフォンらしいですね。この立体認識技術と言うのは、「深度カメラやモーショントラッキングカメラを組み合わせることで、人間の眼のように被写体を立体的に認識」ができるというもの。

具体的に言うと、写真で見ると景色は平面ですが、ビルとビル、モノとモノの間の距離もこの技術は撮影時に認識できるため、ナビを使わずして立体的なルート案内ができるようになるということ。リアカメラ、モーショントラッキングカメラ、深度カメラ、そしてフロントカメラの合計4つのカメラでこの技術が可能となっているそうです。スマホに4つものカメラが搭載なんて、贅沢ですよね^^でも、それが今後は当たり前となっていくのかもしれませんね。

法人向けのスマートフォンなどでもこのようなスマホって利用価値が上がるんでしょうね。建築現場での計測なんていうこともできるようになっちゃうかも?!

発売価格は約500ドルからで、SIMフリースマホとして9月から販売スタートとなるそうですが、日本でいつから発売されるのか、あるいは発売されること自体、まだ未定だそうです。

FlexCRMが選ばれている理由とは?

FlexCRM・・・あまり聞かない営業支援ツールの名称ですが、結構な人気があるCRM/SFAのようです。

ではなぜ人気があるのかと言うと、まずSNSのような操作感で使えること。そうですね~、今やSNSはコミュニケーションをとるのに最も気軽にそして確実に使えるツール。誰もが利用しているものです。これまではExcelなど、とりあえず勉強をしていないと使えないツールをCRMやSFAには必要でした。それが学生時代から生活の一部として使っていたSNSのような操作感であれば、自ずと日報や顧客の情報も入力しておこう!と積極的に利用できるでしょう。

また、的確なデータ分析力もあるとのこと。営業マンって日々の営業に追われるため、情報は収集できてもそれをどのように分析して次の営業に活かすか・・ここまでは頭が回らないようです。そこを、営業支援ツールがサポートしてくれるわけですね。

そしてここが最大の魅力かもしれませんが、圧倒的に低いコスト。世界的に有名な企業の同じようなサービスの内容だけど、コストが相当低く抑えられているそうなんです。

確かに、これらは魅力あるメリットですね。

『Salesforce』を導入して課題解消したニッカル商工

国内においてアルミ材料販売問屋の先駆けであるニッカル商工株式会社は、1957年に創業し、アルミ製の角棒・平棒・パイプといった押出材の在庫販売を日本で最初に始めた企業なんですよ。同社では従来、顧客情報を紙やエクセルで管理していたそうですが、必要な情報を引き出したい時、大変な手間と時間がかかっていました。そのせいか後からそれを読み返そうとする社員はほぼ皆無だったそう。そのうえ団塊世代の社員が一気に定年退職する時期が迫っており、長年付き合いのある顧客情報をどうやって次世代に引き継げばいいのか悩んでいたそうです。紙やエクセルなどのアナログ管理では、顧客の引き継ぎがスムーズにいかないことは明白ですよね。そんな時に出会ったのがセールスフォースドットコムの『Salesforce』でした。Salesforce導入によって変わったことは、「成約に至るまでのプロセスを管理することで、次に必要なアクションを計画性を持ってどんどん実行できるようになったこと」「全営業担当者にiPadを支給し、どこからでも顧客情報などを確認できるようになったこと」「口頭やメールなどでやりとりしていた業務連絡を社内SNSで行えるようになったこと」などが挙げられます。そして最大の課題であった顧客の引き継ぎ問題も、全顧客リストをSalesforceに入れ、営業担当者の知識やノウハウを社内共有したことによって解消しつつあるようですよ。Salesforceのおかげで課題解消だけでなく、次のステージへのステップアップも実現していますね。sfa 比較

モバイル活用を成功させる鍵

モバイル活用という言葉が盛んに叫ばれるようになった昨今…業務効率化や生産性向上のために企業は積極的にスマホやタブレットを導入したり、BYODを採用したりしているそう。そんなモバイル活用を促すために、企業のIT部門はある難問に打ち勝たなければなりません。それは「従業員からの要望とデータセキュリティに対する不安をうまく両立させること」です。セキュリティ面において、IT部門は可能な限りアクセスを制限したいと考えるはず。ですが、機動性やオープン性の側面から考えると、データは可能な限りアクセス可能な状態にしておくべきでしょう。一見するとこの2つは真っ向から対立しているように見えます。が、本当にそうでしょうか。同期や共有したいデータの多くは、単純な認証手法やセキュリティレベルで十分な場合が多いのです。そして慎重に保護しなければならない機密データを取り扱う場合は、モバイルコンテンツ管理(MCM)ツールを導入することが最善だと思われます。このツールはもともと機密情報の取り扱いに非常に優れているからです。必ずしも全てのデータに同等のセキュリティレベルが必要というわけではないという点がキーポイントですね。従業員の要望とデータセキュリティ、どちらも犠牲にしないこと…これがモバイル活用を成功させる鍵になるでしょう。

HPのWindowsスマホ『Elite X3』が注目されている理由

HPのWindowsスマホ『Elite X3』が今ビジネスユーザー達から注目を集めています。今のところ価格や発売日は未定ですが、同社は今年夏ごろのリリースを目指しているそう。Windows 10 Mobile搭載&ビジネスユーザー向けモデルのElite X3が注目されている理由は、「Continuum」という機能を搭載しているから。Continuumは、Windowsスマホをディスプレイに接続することで、キーボードとマウスの機能を備えたパソコンライクな動作を可能にするというもの。つまりこれはスマートフォンだけでなく、ノートパソコンの代替機にもなろうとしているということです。いつでもどこでもファイルやデータを1つのデバイスに入れて持ち歩けるというのは、ビジネスユーザーにとっては非常に魅力的な点でしょう。しかし「Windowsのアプリ市場がまだまだ手薄であること」や「フルタイムで使用するパソコンの代わりとなる性能がちゃんと備わっているかどうか」など解決しなければならない問題もあるそう。Elite X3はまだ開発の初期段階…今後、どれくらい開発が進むのか?見ものですね。