教育現場におけるmdmの重要性

タブレットなどのスマートデバイス端末による教育を成功に導くためには教育現場に特化したmdmサービスを利用する必要があります。Mdm製品の中には教育現場に向けた端末管理機能を提供するツールがあります。タブレット教育を進めていくにあたってスマートデバイスを円滑に管理することが最も求められています。スマートデバイス端末による教育を高めるためにmdmを利用して一元管理をすることが重要になります。一元管理をおこなえば教育現場における効率的なタブレット運用を同時に実現することはできないでしょう。
教育現場におすすめのmdmツールには運用効率化を実現する管理者機能を掲載することができます。遠隔から各スマートデバイス端末に向けて、Wi-Fi接続やブックマークの設定、時間帯ごとのポリシー、進級や卒業時の設定変更などを一括で管理、設定することができます。さらに配布したアプリの削除や学習アプリの配布、アプリのバージョンアップなども全て遠隔からの操作になっています。mdm情報

対応スピード、対応デバイスがマルチなmdm

Mdm製品を選ぶポイントとなる1つに対応デバイスがマルチかどうか?という点があります。
Mdmツールの中には対応デバイスが狭く、管理がきちんとできないという場合もあります。端末メーカーとのビジネスアライアンスによって一般発売前の最新スマートデバイスの実機検証が可能になっているmdmもあります。対応端末のマルチ化はmdm検討の必須条件なので、対応デバイスの広がりあるmdmは魅力的と言えるでしょう。またmdm管理をおこなう上で管理できる対応のスピードも重要になります。スピードが遅くなってしまうと管理が難しくなりますし、効率の低下にもつながります。
最新端末の対応スピードが速いmdmを選ぶのが望ましいでしょう。
また国内のmdm製品はやはり安心感があります。国内自社開発のmdmであれば、何かトラブルがあっても柔軟に対応してくれる会社が多いですし、導入から運用まで利用ステージに合わせたプロダクトソリューションを提案してくれます。MDM

mdm機能強化の実態

スマートフォンやタブレット端末の発展に伴い、ビジネス業界でもこれらのモバイルデバイス端末を導入する企業が急増しています。企業でのモバイルデバイス導入にあたり、欠かせない存在となってくるのがmdmです。Mdm導入は今や常識となっており、機能強化がどんどんと進んでいます。
Mdm導入が常識となった現在、mdm市場は拡大の一途にあります。その中で数年前から少しずつ機能の変化が起こっているのです。
元々、mdmツールはスマートフォンやタブレット端末などモバイルデバイスそのものを管理することを主眼として作られてきました。
しかしandroidデバイス、 iOSデバイス、Windowsデバイスなどモバイルデバイス一つとっても選択肢が急増し、それらのモバイルデバイスを導入する企業も増えたため、利用用途が多様化したのです。
そこでmdmツール自体もモバイルデバイスの管理だけでは不十分という考えになり、様々な機能が強化されるようになったという背景があります。

mcmやmam機能にも対応したmdmツールがおすすめ

mdmは国内外に50社以上の製品があるため、どのmdmツールを導入すればよいのか企業や教育機関でも悩まれるかもしれません。Mdmツールの選定のポイントを把握しておくことで、よりよいmdmを導入することができるでしょう。
Mdmの選定ポイントとして、サービスの拡張性・利用の高度化に幅広く対応できるmdmなのか?があります。
スマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイス導入時に要件定義から利用用途が変わってしまった場合、機能の追加などをmdm管理で簡単にできるのかどうか?という点が重要になってきます。
例えばモバイルデバイスを導入した時点では、高度な使い方はしないので必要最低限の機能で十分事足りる!と考えていた企業でも、モバイルデバイス端末の利活用が進むことでアプリケーションやコンテンツの管理運用が必要になることがあります。
アプリケーション管理はmam、コンテンツ管理はmcm機能になりますが、それらの機能が未対応のmdmツールの場合、対応ができなくなってしまいます。

スマホやタブレットはなぜ業務で利用されるようになった?!

タブレット端末やスマートフォンなどのモバイルデバイスはその効率性、携帯性、高性能性で、多くの企業や学校などの教育機関での導入が進められています。タブレット端末を利用して、動画などを用いて効果的な営業やプレゼンテーションをおこなったりしてビジネスアップを図っている企業もあります。タブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイスを導入した企業では、直感的な操作が非常に便利なため、生産性のアップも期待できると言われています。またこの時代でもスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを導入していない会社ももちろんあります。モバイルデバイス導入がまだ行われていない企業においても、今後どんどん導入する会社は増えてくるだろうと言われています。企業によって会社用にとタブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイスを支給するところもあれば、社員がプライベート用のモバイルデバイスを業務に活用するケースもあるでしょう。http://ascentnet.co.jp/mdm-modem/

タブレットのwi-fi接続設定はmdmにお任せできる

学校の授業でタブレット端末を使用する場合、どの科目でタブレットを使うにしろ、アプリケーションの導入は欠かせないツールとなっています。さらにタブレット端末に無線LANでネットワーク接続し、問題集やドリルを配信したり、生徒がタブレットに書き込んだ内容を他の生徒と一緒に共有したりすることもできます。タブレットを使った授業は無限の可能性を秘めているのです。
生徒間でタブレットを使った意見交換をすることができるので授業に厚みも出てくるでしょう。
ただここで問題となってくるのが、アプリケーションや問題集の配信をするのに、Wi-Fi接続しなければならないということです。Wi-Fi接続するためには設定が必要であり、その設定はタブレット1つ1つに行う作業になります。この設定作業を教師がすべて行うというのは、莫大な数になるので非常に時間がかかり、効率も悪いです。そこでmdmを利用することで、これらの基本的なタブレット端末の設定を一括で行ってくれるのです。

資産管理におけるMDM

業務用の端末を導入する。基本的には機器を購入し適切な部所に配備する訳だが、御存知の通りスマホの性能向上の速度は著しく、現役でいられる期間は思った以上に短い物だ。次々と開発される新規のアプリを追従するにも相応のスペックが求められ、主流に追いつけなくなった端末は「最前線」では戦えない。かと言って廃棄するかと言うと、型落ちでも十分な性能を持った機器である事は明らかであり、用途を限定する事で、資産価値を維持する事も可能だろう。MDMサービスの基本的な機能として、管理下の端末状況は簡単に確認できるし、どこで使われているかも詳細に追う事ができる。端末の導入を決める以上、時間の経過と共に自然と最前線を退いた「お古の端末」が発生する事になる。そういった端末を適切に管理、運営する事で段階的にではあるが、無駄なくIT化を進めていける。もちろん場合によっては一気に導入する事で高いシナジーを得られる環境もあるが、部署単位での段階的な導入を検討するならば、優先順位を決め、成果を確認しながらというのもコスト管理の面では有益な結果をもたらすとも言えるだろう。mdmについての資料をみて導入を検討してみては?

公共Wi-Fi

カフェや駅、ビジネスホテルに空港、街中のコンビニといった場所で無料のWi-Fi通信が提供されている事も近年になり増えてきた。今後は2020年のオリンピックに向けて、街の至る所で「公共Wi-Fi」が使用可能となる。端末の持つ3Gや4Gといった回線に比べて高速で通信ができる上に、パケット代を食わないので「タダ乗り」できる通信網として重宝されるが、セキュリティー面では危険が伴う事が多い。暗号化の有無や暗号化のレベルはマチマチなので最悪、暗号化されず通信内容が「平文」でそのまま飛び交うという事にもなり、専用の機器で簡単に通信内容やメール、端末へのアクセス権からパスワード等が拾われてしまう。これは公共の場で業務上の秘密を「大声で会話している」のにも近い状況だと言える。基本的にWi-Fiが使用可能な状況だと端末は優先的にWi-Fiを使用する。MDMサービスの中にはこういったWi-Fiへの制限を行う機能も搭載されており、「許可された物」以外への接続を行えないように制限できる。mdmに関してはこちら

mdmのペーパーレス会議の実現

タイムリーな最新情報を提供するのに、スマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを使用するのが非常に便利です。特に企業でモバイルデバイスを導入した場合、必要な最新情報やコンテンツなどを各モバイルデバイスに配信することで、ビジネスを効率よく行うことができるでしょう。また最新情報を配信することは社内のペーパーレス化にもつながり、結果としてコスト削減にもつながりますし、業務改善、効率アップにもなり、生産性を高めることになるのです。またコンテンツグループ機能を上手に使えばペーパーレス会議を行うこともできます。複数のコンテンツをまとめたコンテンツグループを作成すると複数のファイルをまとめたコンテンツグループとして任意のモバイルデバイスに割り当てて情報を配布することができます。また会議事に修正、ブラッシュアップされた資料は、ペーパーレス会議に参加した参加者のモバイルデバイスに自動同期、配信されるので参加者は常に新しい情報の資料を閲覧できます。mdm基本情報をおさらい

リモートアクセス

MDMサービスの中には高度なリモートアクセス機能を有する物も多い。リモートアクセスとは遠隔で端末その物を実際に操作する事が可能な機能で、遠隔によってパスワードの変更やロック、ワイプと言った機能適応とは異なり、実際に端末自体を「操作」する事だ。電話で管理者に「ちょっとわからないんですが」と聞いて端末の操作をするとなると大変だ。その端末で電話している訳だし、通話しながらでは画面を見る事すら難しい。スマホ自体の扱いに長けていようと、新たに導入されたアプリとなると、少々の混乱は起こりうる。そんな時にリモートアクセス機能を活用できれば、どれだけ離れた場所にいようとネットワークに繋がっていれば、管理者のPCから特定の端末の「画面」をPC上に映し出し、実際に操作する事が可能となる。アプリ自体のインストール状況などを確認できるMDMサービスは多く「一括」での対応は容易なのだが、ちょっとしたトラブルへの個別対応もリモートアクセスが可能なら、社まで持ち帰る手間が削減できる。余談だが同様の機能がゲーム機などにも搭載されており、難しくてクリアできない時に友達に変わりにプレイしてもらうとい機能も存在する。tohaMDM 「モバイルデバイス管理」 のことです