mdm導入事例から分かるmdmの重要性

タブレットやスマートフォンを企業として活用している導入事例は非常に多いです。タブレットは社員が現場の課題解決策を自分で考えて、それを改善するためのツールとして用いることができ、業務効率向上には欠かせません。
しかしタブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、セキュリティについては会社全体、企業全体として重要なテーマであり、しっかりと対策を考えなければなりません。
システム面の統制はもちろんですが、現場での教育や指導などを徹底することで、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を円滑に利用できるようになるでしょう。
社員の自主性を尊重詩ながら、セキュリティポリシーに則った運用を実現することが重要であり、そのためにはmdmは欠かせない管理ツールとなるでしょう。
mdmツールを用いて管理を行うことで、管理自体がスムーズに行われ、コスト削減にもつながっていきます。

企業が抱えるbyodの課題とは?

byodとは従業員の私物であるスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を職場に持ち込んで業務に利用することを言います。このbyodは海外では広く浸透しているものの、日本においてはいまだにまだあまり普及していません。その理由としてbyodが抱える課題があるからです。
byod導入企業が抱える課題として、情報セキュリティに不安が出てしまいます。byodで私物のモバイルデバイス端末を使用すると、データの不正取得やモバイルデバイス端末そのものへの攻撃など情報に関する不安がついてきます。
またモバイルデバイス端末を紛失したり、盗難されたりした時には、リモート端末ロック機能やデータワイプ機能を使用することである程度の情報漏洩を未然に防ぐことができます。
さらにセキュリティアプリの更新をおこなえば、不正なプログラム感染予防にもつながります。
企業側としてはbyodを導入する場合、mdmなどでしっかりと管理する必要があるでしょう。

マルチキャリア、デバイスに対応したmdm

mdmはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業や教育機関などで大量に導入した際に、円滑に管理するために導入する管理ツールになります。mdmを用いることで企業や教育機関のモバイルデバイス端末を管理する担当者の負担を大幅に減らすことができますし、人件費削減にもつながります。
mdmを用いることでモバイルデバイス端末を簡単に管理することができます。組織情報に沿ったデバイス選択や管理に優しい設計も行っています。
また多くのmdmはiPhoneやandroid、Windowsなど異なるキャリア、デバイスにおいても一括して管理をすることができます。
マルチデバイス、マルチキャリアに対応したmdmが多く、管理デバイスの急な変更にも柔軟に対応することが可能です。mdmを利用するとモバイルデバイス端末の運用効率は高まります。デバイス、アプリの機能制限、自動適用の他、管理者機能の階層化やアプリの配信・管理も行えます。

国内のmdm市場は拡大する

私達の生活には今やスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末が欠かせない存在になりつつあります。プライベートではもちろんですが、企業が業務にモバイルデバイス端末を導入するケースも増えています。
企業で大量のモバイルデバイス端末を導入する上で、それらの端末全てをきちんと一元管理する必要があります。
一元管理を行うことができなければ、資産管理の面、セキュリティの面でリスクが大きくなってしまいます。そこで大量のモバイルデバイス端末を管理する安全ツールとしてmdmが登場しています。
mdmは国内外にたくさんの種類があり、日本国内のmdm市場はここ数年で急激に拡大しています。
mdmツールの中にはmdm機能だけではなく、mam機能やmcm機能を搭載したものや、byodに対応しているものもあります。モバイルデバイス端末内で取り扱う情報は非常に多く、個人情報や機密情報も含まれているのでしっかりとしたセキュリティ強化をmdmを用いて行う必要があるのです。

mdmの導入が大切な理由

企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入することが当たりまえとなってきています。現在まだ導入していない企業においても、今後モバイルデバイス端末の導入を検討しているという企業は多いでしょう。企業の99%は従業員が何等かの形でモバイルデバイス端末を使って仕事をしていると言われるほどです。
また企業の従業員が個人で所有しているスマートフォンなどのモバイルデバイス端末を業務でも使用するbyodも珍しくはなくなってきています。
byodにおいても通常の会社支給のモバイルデバイス端末の業務利用においても大切になってくるのがセキュリティ上の対策です。
企業がモバイルセキュリティの問題を考える時に重要になるのがmdmです。mdmと一言でいってもmamやmcmなどの機能が搭載されたものもありますし、シンプルな機能が魅力的なものもあります。
企業としてどのような機能を求めているのかが重要になるでしょう。

Apple DEPは利用するべき?!

APP DEPとはapple社が提供する企業向けのiOS端末の導入支援サービスのことを言います。DEPとはDevibe Enrollment Programのことであり、企業でスマートフォンやタブレットなどのiOSのモバイルデバイス端末を導入する際には欠かせないぜひとも利用したいサービスと言えるでしょう。
APP DEPを利用することによって、スマートフォンやタブレットなどの初期導入作業を大幅にカットできるので、作業効率の簡略化が期待できます。また初期導入にかかるコストも削減できるという点も大きなメリットになります。またAPP DEPを利用することで、セキュリティ管理機能の向上とiOS
端末の業務利用における課題を解決することができます。企業や学校などでタブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイス端末を導入するとなると、大量の端末を導入しなければなりません。そのため非常に多くの検討事項が出てきます。モバイルデバイス端末の利用用途にもよりますが、セキュリティの設定や利用環境の情報、利用できるアプリなど運用を想定した設計を行う必要があるのです。そんな時に役立つのがAPP DEPです。

導入事例が増えるmdmの現状

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを従業員に支給して業務で使用しているという企業の導入事例は非常に増えています。
現在1人に1台スマートフォンを持っているという時代といってもおかしくありません。そのくらいスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は私達の生活に欠かせないものになってきているのです。
モバイルデバイス端末の導入事例を見ていれば分かりますが、モバイルデバイス端末を導入した企業の大半がmdm=モバイルデバイス管理ツールの導入を行っています。
mdmはモバイルデバイス端末を安全に使うためには欠かせない管理ツールであり、管理者の管理の負担を軽減することもできます。
このmdmの導入事例をチェックすれば、企業によって求めるmdmが違うこと、自分の企業にあったmdmで管理を行うことが重要であるということがよく分かるでしょう。
mdmの導入が初めてでも、設定が簡単であったり、サポート制度が充実であったりするmdmが望ましいでしょう。

携帯性に優れたスマートフォンのセキュリティ対策

スマートフォンやタブレットは携帯性に優れており、利便性があるモバイルデバイス端末になります。
企業の大切な情報や個人情報が入っているモバイルデバイス端末は利便性がよい反面、紛失してしまったり、盗難されたりすると、企業にとっては大きな社会的信用の失墜を招いてしまいます。そのことによって企業として巨額の経済的損失を受ける場合もあるためモバイルデバイス端末のセキュリティ対策はしっかりと行わなければなりません。
モバイルデバイス端末のもつリスクとして携帯性に依存します。社外で使用する頻度が非常に高いスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は、それらの端末を失くしてしまって、他の人に情報が漏れ出る恐れが高いのです。
また大抵のモバイルデバイス端末はインターネットに接続できる状態になっているので、パソコンと同じように不正プログラムの侵入リスク、ウイルス感染、悪意のあるwebサイトへアクセスしてしまうなどのリスクが考えられます。
これらのリスクによって機密情報、顧客情報、個人情報が社外へ流出してしまう可能性があります。
そのリスクを最小限に抑える仕組みを提供してくれるのがmdmなのです。

VPPによりアプリ配布が簡単にapple社はiOS9からVPPでappleID不要でアプリケーション配布が可能になりました。 VPPとはVolume Purchase Programの略であり、2015年9月に発表されたiOS9から、VPPにおいて一括購入したアプリケーションをモバイルデバイス端末単位で割り当てる方法が解禁されました。 VPPはapple社が企業や教育機関など法人向けに提供しているサービスの1つになります。このVPPを利用することで組織としてアプリケーションを購入できるストアになります。 VPPを利用すればアプリを複数ライセンスに一括購入することは可能でしたが、購入したアプリの配布はユーザー単位になっていました。 しかしiOS9以降は、複数ライセンスを購入したアプリをデバイス端末単位で配布できるようになり、その際に必要であった個別のappleIDも必要なくなったので管理者側としては非常に楽になりました。割り当てられたアプリケーションはそのデバイス端末を使用する全員が使用できるようになっています。

apple社はiOS9からVPPでappleID不要でアプリケーション配布が可能になりました。
VPPとはVolume Purchase Programの略であり、2015年9月に発表されたiOS9から、VPPにおいて一括購入したアプリケーションをモバイルデバイス端末単位で割り当てる方法が解禁されました。
VPPはapple社が企業や教育機関など法人向けに提供しているサービスの1つになります。このVPPを利用することで組織としてアプリケーションを購入できるストアになります。
VPPを利用すればアプリを複数ライセンスに一括購入することは可能でしたが、購入したアプリの配布はユーザー単位になっていました。
しかしiOS9以降は、複数ライセンスを購入したアプリをデバイス端末単位で配布できるようになり、その際に必要であった個別のappleIDも必要なくなったので管理者側としては非常に楽になりました。割り当てられたアプリケーションはそのデバイス端末を使用する全員が使用できるようになっています。

mdm導入によるモバイルデバイス端末のデータ保護

企業でスマートフォンやタブレットなどを従業員全員に支給するとなると、大企業では莫大な数のモバイルデバイス端末を一括管理しなければなりません。全ての従業員のモバイルデバイス端末を管理者1人で円滑に管理をするというのはさすがに無理な話です。
そこで効率的にモバイルデバイス端末の管理を行うためにはmdmソリューションの導入が必要不可欠になってきます。
mdm製品の導入を決めた場合には、導入の際に必要となってくる項目があります。
まず1つ目はモバイルデバイス端末のデータ保護です。2つ目はモバイルシステム自体の保護です。そして最後にスマートフォン、タブレットと企業ネットワーク間におけるセッションと転送中データのセキュリティ保護などになります。
データの保護とは、モバイルデバイス端末のデータセキュリティを確保することはmdm製品を導入する最も大きな理由と言えるかもしれません。
モバイルデバイス端末は大容量ストレージ、大量のメモリを搭載した小さいパソコンです。
企業内で使用する分には問題ありませんが、企業内で使用する時にはデスクトップPCなどと同じデータを保持してアクセスすることになってしまいます。