クラウド上で高齢者をケア

高齢化社会の現代、高齢者の在宅医療をする家庭も増えてきていると聞きます。
そんな中、在宅での高齢者の介護を支援するサービスを、富士通がスタートしたそうです。
医師、介護士などの負担を軽くするサービスでは、スマートフォンやタブレットの地図案内を提供することで、初めて訪れる家や住所などを分かりやすくする機能などがあるそうです。
また、患者の体温や血圧などの体調をクラウド上で共有し、病院内にいない患者の状態も把握することができるなど、在宅でも医師とつながることができるサービスになりそうです。
家庭で高齢者の介護をする家族には、どうしても不安やストレスが付き物です。
スマートフォンのアプリなどを利用して、少しでも不安やストレスを取り除くことができるようになっていくといいですね。

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*