色覚障害をサポートしてくれるアプリ

普段、あまり気に掛けることがないのですが、実は、色覚に障害のある人って、わりと多いそうです。
色の判断がしづらいということは、毎日の生活の中で思った以上に不便なことのようで、左右で違う色の靴下を履いてしまったり、お肉が焼けたかどうか判断できなかったりと、細々とした場面で困ることが多いとか。
幸い、私は目に障害がないので、どうしても色覚障害のある人の気持ちが分からなくて、申し訳ない気持ちです。
そんな色覚障害のある人をサポートしてくれるアプリが開発されたそうです。
アプリをインストールしたスマートフォンで対象物を見ると、色覚障害者が判別しにくい赤と緑を、黄色と青に変換して、判別しやすくしてくれるそうです。
こんなふうに、スマートフォン 新機種がもっと多くの人に役立つようになっていくとうれしいですね。

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*