双方にメリットが

なんと女子高校生が考えたスマホアプリが公開されたそうです。これは福井県の鯖江市の図書館のアプリで、こちらの図書館には11席の自習コーナーがあるそうなんですが、いつも満席で不便な思いをしていたとか。。11席しかないのもどうかと思いますが、時間によっては結構空きがあるのかもしれませんね。そのため、わざわざ図書館まで行かなくても空席情報が分かるアプリを考案、デザインし、IT会社の社長が開発を担当したとのこと。なぜ空席状況が分かるかと言うと、それぞれの座席にセンサーを取り付けていて、そこからアプリへと情報が行くんだそうです。これは勿論、一般にも公開されるということですが、このようなアプリの開発は利用者にもそして市側にもメリットがありますよね。さらには、この女子高校生らがアプリの開発までやってくれれば、市は経済的にももっと嬉しかったかも^^
ascentnet.co.jp

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*