総務省がSIMロック解除を義務化する狙いとは?

ここ数日、テレビのニュース番組やワイドショーなどでもSIMロック解除の義務化について触れていますよね。日本ではキャリアがSIMロックすることで、SIMカードを他のキャリアのものに利用することができませんが、その点において総務省が「寡占状態」と判断したのでしょうね。来年(でしたっけ?)からSIMロックの解除を義務化する法律を施行するようです。孫さんは、「以前からそのようにしていたのに、効果が無かった・・」というようなことを言っていました。ソフトバンクって解除されていたんですか?^^そこのところは私はさっぱりわかりませんが^^総務省の狙いとしては、SIMロック解除によって新規参入の業者を増やしたり料金の値下げなど、競争を促すことがあるようです。AndroidとiOSではこのようなことは無理なのかもしれませんが、喜ぶ人や便利になる人はたくさんいるでしょうね。

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*