携帯電話の使用を禁止しない

どこの病院に行っても張り紙が張ってありますよね。「携帯電話は医療機器に影響を及ぼす可能性がありますので利用しないでください」と。しかし、今回電波環境協議会において新たな指針が好評されたそうです。それは、基本的に携帯電話やスマートフォンを使用を禁止しない、ということ。「指針では、病院などで携帯電話を使用する際には、医用電気機器から一定の離隔距離をとるよう求めている。医用電気機器の電磁両立性に関する国際規格などを参考に「1メートル程度」を目安にできるとし、各医療機関において試験などで安全性を確認している場合には、それよりも短い離隔距離を設定できると説明している。なお、体外式ペースメーカの使用者が付近にいる場合も、離隔距離を定める必要があるとしている。」とのこと。医療機器って日進月歩で性能や機能が向上しているため、以前よりも携帯電話からの影響も無くなってきているとか。また、携帯電話の利用は院内でのスタッフそして患者やその家族の利便性、効率化も計れますからね。私も家族が入院した際、携帯電話の利便性は本当に感じることができました。よかったよかった^^

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*