『Teachme』を導入しているスキャンマン

業務効率化の為に名刺情報やさまざまな書類をデータ化する企業が増えています。データ化するには対象となる紙媒体をスキャンする必要がありますが、この作業を代行してくれるサービスがあることをご存知でしょうか。スキャンマンという企業もその中の一つ。同社の成長は著しく、それに伴ってスキャニング作業を行う人材の増やす必要が出てきました。その為には新人研修が必要になってくるわけですが、新人研修は丸一日掛かりな上にさまざまな専用アプリやスキャナ、裁断機の使い方などのマニュアルが必要なのです。もちろんツールごと、作業現場ごとのマニュアルも必要となるそう。マニュアルが多過ぎて嫌になりそうですね。そんな中で導入したのが、クラウドサービス『Teachme』です。これはスマートフォンから簡単にマニュアル作成ができるというもの。やり方は至って簡単。スマートフォンカメラで写真を撮影し、それに説明コメントを書き込んでアップデートするだけ。それを繰り返すことで分かりやすいマニュアルが出来上がるというわけです。また同社では、最寄駅から顧客企業のオフィスまでの道順をTeachmeで毎回作成しているそう。企業によっては分かりにくい場所だったり、入り口がどこか分からなかったりするので、写真があれば初めていく場所でも安心ですね。他にもTeachmeの活用方法はいくらでもありそうな気がします。

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*