トリニティのWindows 10スマホ『NuAns NEO』について

パソコンと一緒に使いたいスマートフォンといえば、Windows 10 Mobile搭載スマホですよね。パソコンとシームレスにつながるし機動性や利便性などメリットも多いことから、さまざまな企業でも注目されているのです。が、iPhoneやAndroidと違って情報が少なく、どの機種が良いのか分からないといった声を聞きます。そんな中、1月31日に発売開始したトリニティ初のWindows 10 Mobile搭載スマートフォン『NuAns NEO』の評価が高いというニュースが入ってきました。プロセッサはSnapdragon 617(Cortex-A53×8コア/1.5GHz)で、5型HDディスプレイ(解像度:1280×720ピクセル)を採用。メモリは2Gバイト、ストレージは16Gバイトを搭載し、microSDXC(最大128Gバイト)スロットも内蔵しています。カメラは共に裏面照射型センサーで、メインが1300万画素、インが500万画素となっています。バッテリー容量も3350mAhと余裕で、連続通話時間は960分以上・連続待受時間は400時間以上も持つのだとか。ビジネスマンが持つスマホは、バッテリーが大事ですからね。またNuANS NEOを語る上で最も注目したいことは、「国内初のContinuum対応スマホ」だということ。スマホがパソコンのデスクトップアプリのように使えるという大変貴重な機能なのですが…実際に実用できるようになるのはまだこれからのようですね。ですがこのContinuum機能、これからのビジネス改革には大切な要素となってくるはず…Windows 10 Mobile搭載スマホを検討しているという企業には、オススメの一台といえるでしょう。

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*