モバイル活用を成功させる鍵

モバイル活用という言葉が盛んに叫ばれるようになった昨今…業務効率化や生産性向上のために企業は積極的にスマホやタブレットを導入したり、BYODを採用したりしているそう。そんなモバイル活用を促すために、企業のIT部門はある難問に打ち勝たなければなりません。それは「従業員からの要望とデータセキュリティに対する不安をうまく両立させること」です。セキュリティ面において、IT部門は可能な限りアクセスを制限したいと考えるはず。ですが、機動性やオープン性の側面から考えると、データは可能な限りアクセス可能な状態にしておくべきでしょう。一見するとこの2つは真っ向から対立しているように見えます。が、本当にそうでしょうか。同期や共有したいデータの多くは、単純な認証手法やセキュリティレベルで十分な場合が多いのです。そして慎重に保護しなければならない機密データを取り扱う場合は、モバイルコンテンツ管理(MCM)ツールを導入することが最善だと思われます。このツールはもともと機密情報の取り扱いに非常に優れているからです。必ずしも全てのデータに同等のセキュリティレベルが必要というわけではないという点がキーポイントですね。従業員の要望とデータセキュリティ、どちらも犠牲にしないこと…これがモバイル活用を成功させる鍵になるでしょう。

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*