昔は足で稼ぐことができた

今と昔の営業で大きく違うところ、それは足で稼ぐ、ということ。昔は直接顧客と接触することで受注があり、さらにそこから顧客情報を得、売り上げを伸ばせるような時代でした。飛び込みの営業でもそれは同じで、信頼性が高まればどんどんと仕事は入ってきたそうです。

また、知り合い、友だち、家族などの紹介でも情報があり、そこから営業が進むこともあったとか。保険や銀行、郵便局などはまさにそうですよね^^でも今はそのようなこと無理な時代になってますよ。まず、人に他人の情報を言うことは無いし、保険、銀行、郵便局、すでに利用している人ばかり。飽和状態にあります。

これは多くの企業でも同じことですよね。だからこそ、現在注目されている営業支援システムが力を発揮するのでしょう。人が勘で動き、根性で営業していたところを、情報収集、分析によってよりきめ細かな営業方針を立てられることが可能になったんですね~。

足で稼ぐこともまだ開拓の余地はあるのかもしれませんが、最新のシステムを使いながら昔の方法も取り入れる、このようなスタイルはいかがでしょうか^^

参考:ligincのCRM比較記事

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*