BYODやクラウドを導入するメリット

BYOD(私物端末の業務利用)やクラウドサービス・ソリューションの導入には、いまだにセキュリティ面の不安から慎重な企業が多いそう。しかしながらよく考えみて下さい。営業担当者が顧客とのメールをプリントアウトして持ち歩いたり、LINEを業務に応用したりしてはいませんか?BYODやクラウドよりも、こちらの方がよっぽど危険度が高いと言えるでしょう。ある企業では、現場スタッフの要望を受け、グループチャットや出勤簿、簡易電話帳などのモバイルアプリ(BYODで使えるようにiOSやAndroid、Windowsのマルチプラットフォームに対応)を導入しているそう。グループチャットを使うようになってから現場からの問い合わせに対して無駄な連絡が減り、グループチャットと連動した現場写真アップロードはリアルタイムの情報共有を実現しています。こうしたモバイルを活用する取り組みは、全社規模での生産性の向上に役立っているそうですよ。セキュリティを上手く確保しながら、進めていきたいものですね。

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*