分類や項目の基準をしっかりと示すこと

顧客情報の分析を行うときに必要となるのが、何を分析したいのか、その分類の方法や項目です。これまでに苦労してたくさん集めた顧客情報や商談の情報から、現在抱えている営業に関する役に立つ分析情報を取り出したくても、どのような情報を取り出すのがベストなのかがわかっていないと、どうしようもないですからね。

分析を行う担当者と、分析から得られた情報を使う担当者の間でしっかりとした意思の疎通がないと、視点がズレた分類、項目が手渡されることになるんです。これは多くの現場で経験されているようで、CRMなどの活用がうまくいかない原因の一つでもあるそうです。

せっかくの営業支援ツールなのですから、隅々まで活用して営業につなげたいですよね。そのためには、情報の分類基準、項目を具体的にしっかりと決めること。営業担当者が使いやすい、現場で共有できる情報となって分析情報が出てくること。これらが最も重要なポイントとなるようです。

営業支援システムSFA

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*