SFA・CRM導入を自己満足で終わらせないために

業務効率化や生産性が向上するとしてSFAやCRMが話題になっていますが、残念ながら導入しただけでは売上は上がりません。それらを使っていくら営業を見える化したとしても、今までと同じことをやるだけであれば何も変わらないのです。「見える化した」というだけの自己満足で終わらないためには、行うべきことがあります。それは、「営業スタッフがいつ何をやらなければならないかを明確にした後、やらなければいけないことを“タスク”として顧客や商談に関連付けて管理すること」そして「これらタスクを管理し、やるべきことを確実にやり遂げること」です。タスクが明確になっていれば、マネージャーは「もっとこうした方が良い」というアドバイスができますよね。要するにSFAやCRMが出来ることはあくまで「明確にする」だけだということ。SFAやCRMは、地道な営業活動を応援するためのツールなのです。以上のことを踏まえて、SFAやCRMを活用するようにしましょう。本記事はこちらの製品を参照しました。

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*