アメリカ製と日本製の違い

国が違えば文化、意識も全く違うもの。CRMなどの営業支援ツールにしてもそれは同じで、アメリカで人気が高く増収増益を招くCRMがあったとしても、それが日本の企業で同じような結果を出すとは限らないようです。その理由はいくつかあるようですが、アメリカと日本の仕事の仕方にもひとつ理由があるとか。

アメリカ製のCRMは会社全体で利用をするそうです。一体となって同じシステムを運用していくことで価値を見出そうという考えがあると。しかしそれを日本で利用しても日本のビジネスマン、会社には合わないんだそうです。

日本の企業は部署ごとに完全に分かれてしまっているので、CRMを全社をあげて導入してもその意識には高低差があるそうなんです。また、本当にCRMを活用したい!と思っている部署、反対に面倒だと感じている部署、という風に必要性も異なるんですね。なので、会社全体で利用して価値がわかるCRMを部署ごとで利用しても、思うような効率化、増収増益には結び付かないそうなんです。なるほど~。

SFAのトライアル申込みはこちら

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*