mcmやmam機能にも対応したmdmツールがおすすめ

mdmは国内外に50社以上の製品があるため、どのmdmツールを導入すればよいのか企業や教育機関でも悩まれるかもしれません。Mdmツールの選定のポイントを把握しておくことで、よりよいmdmを導入することができるでしょう。
Mdmの選定ポイントとして、サービスの拡張性・利用の高度化に幅広く対応できるmdmなのか?があります。
スマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイス導入時に要件定義から利用用途が変わってしまった場合、機能の追加などをmdm管理で簡単にできるのかどうか?という点が重要になってきます。
例えばモバイルデバイスを導入した時点では、高度な使い方はしないので必要最低限の機能で十分事足りる!と考えていた企業でも、モバイルデバイス端末の利活用が進むことでアプリケーションやコンテンツの管理運用が必要になることがあります。
アプリケーション管理はmam、コンテンツ管理はmcm機能になりますが、それらの機能が未対応のmdmツールの場合、対応ができなくなってしまいます。

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*