対応スピード、対応デバイスがマルチなmdm

Mdm製品を選ぶポイントとなる1つに対応デバイスがマルチかどうか?という点があります。
Mdmツールの中には対応デバイスが狭く、管理がきちんとできないという場合もあります。端末メーカーとのビジネスアライアンスによって一般発売前の最新スマートデバイスの実機検証が可能になっているmdmもあります。対応端末のマルチ化はmdm検討の必須条件なので、対応デバイスの広がりあるmdmは魅力的と言えるでしょう。またmdm管理をおこなう上で管理できる対応のスピードも重要になります。スピードが遅くなってしまうと管理が難しくなりますし、効率の低下にもつながります。
最新端末の対応スピードが速いmdmを選ぶのが望ましいでしょう。
また国内のmdm製品はやはり安心感があります。国内自社開発のmdmであれば、何かトラブルがあっても柔軟に対応してくれる会社が多いですし、導入から運用まで利用ステージに合わせたプロダクトソリューションを提案してくれます。MDM

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*