外食産業でもmdm、スマートデバイスの導入がすすむ

店舗の接客係がiPodtouchやスマートフォンなどのスマートデバイス端末を利用して、お客さんの注文を受け付けるという作業は多くの外食チェーンで見かけられるようになっています。
店舗の接客スタッフが使用する場合、ユーザーによる設定プロファイルの削除が不可能で、必要な設定内容の削除、変更ができないようにスマートデバイス端末を一元管理しなければなりません。
今までの注文をうかがうための専用通信端末は、故障しやすく、修理費用が高くつくというデメリットの他、操作方法を従業員がおぼえなければならないという面倒くささもありました。
しかしiPodtouchなどのスマートデバイス端末であれば、ほとんどの人がスマートデバイス端末を利用したことがあるので、操作方法を理解しやすいというメリットがあります。
指先でタッチしたり、スクロールしたりすることで以前よりも入力ミスが激減し、注文変更や座席の移動などにもスムーズに対応できるようになりました。詳しくはこちら

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*