管理者の負担を軽減するmdm

Mdmツールを利用する企業の中には管理者が1人ではなく、多数になるケースも多いです。そこでmdmツールの中には多部門、多階層にわたる組織耐性でもスマートデバイス端末、ユーザー管理が簡単に行えるように機能されているものもあります。ユーザーを部署など自由なグループ単位で5階層まで管理することが可能で、プロファイル機能による端末情報の一括設定が可能です。さらにCSVファイルによるユーザー情報や、端末情報の一括登録をすることもできます。1件1件の登録が必要な場合は、管理者の負担が非常に大きいのですが、この機能があれば管理者の負担を大幅に削減することができ、業務効率のアップにつながります。またアプリを一気にバージョンアップさせたり、機密情報を扱うチームメンバーのカメラ機能を制御したいなどの、管理者側の集中管理をしたりする時にもmdmであれば対応することができます。Mdmはクラウドサービスでありながら、カスタマイズできる製品もあります。Apple Device Enrollment Programについて

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*