byodを普及させるのはソリューションも重要

企業でスマホやタブレットなどのモバイルデバイス端末を活用する場合、デバイス端末を管理するためのmdmソリューションを利用します。
デバイス端末管理にはmdmを、業務アプリケーションやデータを管理する場合にはmamを、業務データやコンテンツを管理対象とする場合はmcmなどのソリューションを利用します。
企業がモバイルデバイス端末を導入する時に個人のデバイス端末を業務に利用するbyodにする場合には、byodソリューションに対しても考えなければなりません。
Byodはデバイス端末は個人のもの、業務で使用するデータは企業のものになります。
また企業管理の対象となるのはアプリケーション接続情報のみであり、それ以外は個人資産となります。
Byodを本格的に普及するためにはbyodソリューションも変わっていかなければなりません。
業務アプリケーションやデータなどを野放しにするのではなく、きちんと管理できる状態にしておくこと必要なのです。Ascent Networks MoDeM

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*