mdmでできること

小学校や中学校などで生徒がタブレットを使って授業を受ける…この光景が当たりまえのものとなってきているのです。ここ数年でタブレット端末の導入は教育現場で急ピッチに進められています。
国としても教育現場でのICT化に力を入れており、大学や私立高校はもちろんですが、公立の小中学校でも授業に積極的にタブレット端末の活用が進められています。
公開授業、発表会などでうまくタブレット端末を導入することで、授業効率が高まり、生徒の授業理解度も向上していると言われています。
タブレット端末を生徒に1台ずつ支給するとなると、大量のモバイルデバイス端末を導入しなければなりません。
そこでタブレット端末の運用、管理が問題となってきます。この課題を解決するのがmdmです。
mdmはPCに近い機能を持っているスマホやタブレットなどを情報セキュリティの観点から管理、運用するためのソリューションツールになります。
mdmを利用することによって端末情報のバックアップ、紛失時の不正利用対策、アプリの配布更新などを簡単に行うことができます。

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*