byod事例での課題とは?

byodを導入している企業事例は増えています。
しかしbyodを導入している企業においても様々な課題を抱えており、これらの課題を解決するために色々な方法があります。
例えばbyod導入事例において社員の大きな懸念となる仕事に関わる電話代やアプリ料金の負担に関しては、利用した各社から提供されている公私分計サービスを利用すると、簡単に対応することができます。
この公私分計サービスは、あらかじめ仕事関連の電話番号などを登録しておくことで、その通信先に関連して算出される費用は私用とは別に企業側に請求するサービスになります。
このサービスを利用することで、社員は取引先との電話も安心してできますし、社員が毎月のアプリの利用料金に悩むという課題も解決でいます。
またセキュリティはandroid for workなどのサービスを利用することで、組織全体が企業向けのmdmサービスと契約すれば、個人端末でのビジネスコンテンツの分類が可能になります。

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*