mdm導入によるモバイルデバイス端末のデータ保護

企業でスマートフォンやタブレットなどを従業員全員に支給するとなると、大企業では莫大な数のモバイルデバイス端末を一括管理しなければなりません。全ての従業員のモバイルデバイス端末を管理者1人で円滑に管理をするというのはさすがに無理な話です。
そこで効率的にモバイルデバイス端末の管理を行うためにはmdmソリューションの導入が必要不可欠になってきます。
mdm製品の導入を決めた場合には、導入の際に必要となってくる項目があります。
まず1つ目はモバイルデバイス端末のデータ保護です。2つ目はモバイルシステム自体の保護です。そして最後にスマートフォン、タブレットと企業ネットワーク間におけるセッションと転送中データのセキュリティ保護などになります。
データの保護とは、モバイルデバイス端末のデータセキュリティを確保することはmdm製品を導入する最も大きな理由と言えるかもしれません。
モバイルデバイス端末は大容量ストレージ、大量のメモリを搭載した小さいパソコンです。
企業内で使用する分には問題ありませんが、企業内で使用する時にはデスクトップPCなどと同じデータを保持してアクセスすることになってしまいます。

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*