VPPによりアプリ配布が簡単にapple社はiOS9からVPPでappleID不要でアプリケーション配布が可能になりました。 VPPとはVolume Purchase Programの略であり、2015年9月に発表されたiOS9から、VPPにおいて一括購入したアプリケーションをモバイルデバイス端末単位で割り当てる方法が解禁されました。 VPPはapple社が企業や教育機関など法人向けに提供しているサービスの1つになります。このVPPを利用することで組織としてアプリケーションを購入できるストアになります。 VPPを利用すればアプリを複数ライセンスに一括購入することは可能でしたが、購入したアプリの配布はユーザー単位になっていました。 しかしiOS9以降は、複数ライセンスを購入したアプリをデバイス端末単位で配布できるようになり、その際に必要であった個別のappleIDも必要なくなったので管理者側としては非常に楽になりました。割り当てられたアプリケーションはそのデバイス端末を使用する全員が使用できるようになっています。

apple社はiOS9からVPPでappleID不要でアプリケーション配布が可能になりました。
VPPとはVolume Purchase Programの略であり、2015年9月に発表されたiOS9から、VPPにおいて一括購入したアプリケーションをモバイルデバイス端末単位で割り当てる方法が解禁されました。
VPPはapple社が企業や教育機関など法人向けに提供しているサービスの1つになります。このVPPを利用することで組織としてアプリケーションを購入できるストアになります。
VPPを利用すればアプリを複数ライセンスに一括購入することは可能でしたが、購入したアプリの配布はユーザー単位になっていました。
しかしiOS9以降は、複数ライセンスを購入したアプリをデバイス端末単位で配布できるようになり、その際に必要であった個別のappleIDも必要なくなったので管理者側としては非常に楽になりました。割り当てられたアプリケーションはそのデバイス端末を使用する全員が使用できるようになっています。

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*