企業が抱えるbyodの課題とは?

byodとは従業員の私物であるスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を職場に持ち込んで業務に利用することを言います。このbyodは海外では広く浸透しているものの、日本においてはいまだにまだあまり普及していません。その理由としてbyodが抱える課題があるからです。
byod導入企業が抱える課題として、情報セキュリティに不安が出てしまいます。byodで私物のモバイルデバイス端末を使用すると、データの不正取得やモバイルデバイス端末そのものへの攻撃など情報に関する不安がついてきます。
またモバイルデバイス端末を紛失したり、盗難されたりした時には、リモート端末ロック機能やデータワイプ機能を使用することである程度の情報漏洩を未然に防ぐことができます。
さらにセキュリティアプリの更新をおこなえば、不正なプログラム感染予防にもつながります。
企業側としてはbyodを導入する場合、mdmなどでしっかりと管理する必要があるでしょう。

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*