bring your own deviceの現状

bring your own deviceはbyodと略されており、多くの企業が興味を示しています。bring your own deviceは個人所有のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスt何松を業務に利用することです。
今までは仕事に使用するモバイルデバイス端末はパソコン、タブレット、スマートフォン、企業が社員に支給するのが当然でした。
しかしbring your own deviceではそこが変わってきており、個人所有のモバイルデバイス端末を業務でも利用することを認めようという考え方です。
会社的にはbring your own deviceを認めていないのに、従業員が会社の許可を取ることなく、勝手に個人のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で使用することをシャドウITと呼んでいます。
bring your own deviceを導入するにあたり気を付けておきたいのが、セキュリティ上の課題です。
業務データとプライベートデータが同一端末に共存することになるので、セキュリティはしっかりと対策しなければなりません。

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*