byodを円滑に行うためのmdmソリューション

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で使用する流れは増えています。
多くの企業や組織はモバイルデバイス端末導入で会社から端末を支給しますが、企業の中には従業員の私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で使用するbyodを導入するケースも多いです。
一般的なスマートフォンやタブレットの業務用途としては、電話、メール、スケジュール、連絡帳、Webブラウンジング、ファイルビューワー、イントラネット、クラウドサービス、カメラ、ボイスメモ、ビデオチャット、位置情報、オリジナルアプリ、一般向けアプリなどです。
これらの基本的機能が使用できるようにmdmソリューションを導入し、設定する必要があるでしょう。業務での利用を安全にそして効率よく行う必要がありますので、その点でmdmソリューションによる管理は管理者、企業にとって必要不可欠です。byodはメリットが大きい反面、リスクも大きいことを忘れてはいけません。

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*