byod導入によるデバイス端末の管理ソリューション

byodプログラムを実施すると、会社所有のモバイルデバイス端末の必要性が低減され、モバイルデバイスとキャリアのコスト削減につながります。byodは私物のモバイルデバイス端末を業務でも使用することであり、安全なコラボレーションソリューション、イントラネット、社内でのモバイルアプリへのアクセスをうまく提供して、ユーザーの生産性を向上させることが可能です。
byodを導入する時に大切になるのが、仕事用と個人用の使用方法を明確に分けることです。音声、テキスト、データ課金などを仕事と個人で明確に区別することができれば、組織ではセキュリティを犠牲にすることなく、費用を節約できるでしょう。
またプライバシーの保護と安全性の高いデータの情報漏えい防止も必要です。
未許可のモバイルデバイス端末をネットワークからブロックする利用制限も可能です。統合管理されたコンソールから異なるユーザーや部門、場所などデバイスタイプに様々なポリシーを設定し、最大限の安全性と柔軟性を実現していきます。
適切なセキュリティ方針を確実に実施するためにはmdmソリューションは欠かせません。

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*