bring your own deviceで守るべき情報を明確化する

bring your own deviceはbyodと略されることも多く、私物のスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を仕事にも用いることをいいます。
企業としてbring your own deviceを認めることで、私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の一元管理も可能で、隠れて私物のモバイルデバイス端末を業務で使用するというリスクを回避できます。
bring your own deviceを導入する際には、守るべき情報範囲を決定する必要があります。
業務データとプライベートデータが共存しているbring your own deviceにおいては、企業としてどの情報を保護するべきなのか?を明確に判断する必要があります。企業がどの情報を保護するべきかを明確にした上で、それに則った運用方法を策定する必要があります。利用用途に関係するデータを企業内の情報としてとどめておくべきものかどうかを判断する必要があります。

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*