mdmによるモバイル端末管理

企業で導入が進むモバイルデバイス端末と言えば、スマートフォンやiPad、androidやWindowsなどのタブレットです。それらのモバイル端末管理を大幅に効率化させるためには、モバイルデバイス端末管理(mdm)が必要になります。
特に企業の情報システム部、総務部などのモバイルデバイス端末管理者の負担は軽減され、安全にそして効率よく、モバイルデバイス端末の管理を行うことができるでしょう。
スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末管理で現在利用されている主な機能としては、利用状況の把握、紛失・盗難時のリモートロック、紛失・盗難時のデータ消去やワイプ機能、散在するモバイルデバイス端末の把握、モバイルデバイス端末導入時の初期設定の管理、社内開発アプリケーションの管理、データの暗号化などがあります。これらの機能を効率よく用いることで、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の管理負担を大幅に削減して、情報漏えいのリスクを軽減させるセキュリティ対策につながります。

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*