コスト削減につながる、byod事例

byodはbring your own deviceの略であり、個人が所有しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも活用するこをと言います。
byodを導入する企業の事例は増えてきており、日本国内での拡大は広がっているものの、海外では日本よりもさらにbyodを導入している事例が多くみられます。
社員向けに1人1台スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を用意するのはコストが高くて会社的にも負担が大きいと感じている企業でも、byodを導入すれば初期導入費用のコストカットにつながりスムーズに行うことができます。社員が普段から使用しているスマートフォンやタブレット、パソコンなどのモバイルデバイス端末を業務利用に活用できるbyodはスタートアップ企業や中小企業において採用されており、個人端末を活用して社員のための設備コストを節約することで初期費用のコストを下げられます。

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*