iPhoneのリモートワイプ機能

モバイルデバイス端末を管理するソリューションであるmdmにはいくつかのセキュリティ機能が搭載されています。一般的な機能の1つであるリモートワイプは遠隔操作で、モバイルデバイス端末内の情報を全て消去して、工場出荷時の状態へと初期化することができる機能操作になります。このリモートワイプはiPhoneの設定にも付いている機能になります。
iPhoneのリモートワイプは、iPhoneを紛失した時にだれかに悪用されたり、情報を流出されたりしないようにするために、データを遠隔で削除する機能になります。
業務で利用しているiPhoneには重要なデータや個人情報、機密情報などが入っていることが多いので、特にこのリモートワイプの機能は設定しておく必要があるでしょう。iPhoneにおいては「iPhoneを探す」という機能の中に、リモートワイプ機能が含まれています。
運よくモバイルデバイス端末が手元に戻ってきた場合は、iCloudのバックアップ機能を使えば、モバイルデバイス内の情報を復元することも可能です。

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*