byodの事例が増えるワケ

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の市場が拡大したことにより、私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも利用するbyodの事例も増えてきています。
byodを積極的に導入する企業においては、従業員の生産性向上を期待しており、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末導入のコスト削減にもつながるので、大きなメリットが得られます。
従業員が持っている私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を事務作業やコミュニケーションを含む業務に利用すれば、従業員の働きやすさ改革にもつながります。
このようなbyodにおいては、情報セキュリティという面でのリスクが増えないように、企業としては適切な対応を行うことが求められます。
モバイルデバイス端末内にどのようなアプリケーションがインストールされているのか、端末自体の管理状況が不明な私物モバイルデバイス端末を業務で利用するのは危険なので、きちんとした管理を行う必要があります。

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*