Author Archives: admin

bring your own deviceの現状

bring your own deviceはbyodと略されており、多くの企業が興味を示しています。bring your own deviceは個人所有のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスt何松を業務に利用 [...]

mdm導入事例から分かるmdmの重要性

タブレットやスマートフォンを企業として活用している導入事例は非常に多いです。タブレットは社員が現場の課題解決策を自分で考えて、それを改善するためのツールとして用いることができ、業務効率向上には欠かせません。 しかしタブレ [...]

企業が抱えるbyodの課題とは?

byodとは従業員の私物であるスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を職場に持ち込んで業務に利用することを言います。このbyodは海外では広く浸透しているものの、日本においてはいまだにまだあまり普及していま [...]

マルチキャリア、デバイスに対応したmdm

mdmはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業や教育機関などで大量に導入した際に、円滑に管理するために導入する管理ツールになります。mdmを用いることで企業や教育機関のモバイルデバイス端末を管理する担 [...]

国内のmdm市場は拡大する

私達の生活には今やスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末が欠かせない存在になりつつあります。プライベートではもちろんですが、企業が業務にモバイルデバイス端末を導入するケースも増えています。 企業で大量のモバ [...]

mdmの導入が大切な理由

企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入することが当たりまえとなってきています。現在まだ導入していない企業においても、今後モバイルデバイス端末の導入を検討しているという企業は多いでしょう。企業の9 [...]

Apple DEPは利用するべき?!

APP DEPとはapple社が提供する企業向けのiOS端末の導入支援サービスのことを言います。DEPとはDevibe Enrollment Programのことであり、企業でスマートフォンやタブレットなどのiOSのモバ [...]

導入事例が増えるmdmの現状

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを従業員に支給して業務で使用しているという企業の導入事例は非常に増えています。 現在1人に1台スマートフォンを持っているという時代といってもおかしくありません。そのくらいス [...]

携帯性に優れたスマートフォンのセキュリティ対策

スマートフォンやタブレットは携帯性に優れており、利便性があるモバイルデバイス端末になります。 企業の大切な情報や個人情報が入っているモバイルデバイス端末は利便性がよい反面、紛失してしまったり、盗難されたりすると、企業にと [...]

VPPによりアプリ配布が簡単にapple社はiOS9からVPPでappleID不要でアプリケーション配布が可能になりました。 VPPとはVolume Purchase Programの略であり、2015年9月に発表されたiOS9から、VPPにおいて一括購入したアプリケーションをモバイルデバイス端末単位で割り当てる方法が解禁されました。 VPPはapple社が企業や教育機関など法人向けに提供しているサービスの1つになります。このVPPを利用することで組織としてアプリケーションを購入できるストアになります。 VPPを利用すればアプリを複数ライセンスに一括購入することは可能でしたが、購入したアプリの配布はユーザー単位になっていました。 しかしiOS9以降は、複数ライセンスを購入したアプリをデバイス端末単位で配布できるようになり、その際に必要であった個別のappleIDも必要なくなったので管理者側としては非常に楽になりました。割り当てられたアプリケーションはそのデバイス端末を使用する全員が使用できるようになっています。

apple社はiOS9からVPPでappleID不要でアプリケーション配布が可能になりました。 VPPとはVolume Purchase Programの略であり、2015年9月に発表されたiOS9から、VPPにおいて一 [...]