Category Archives: 未分類

導入事例が増えるmdmの現状

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを従業員に支給して業務で使用しているという企業の導入事例は非常に増えています。 現在1人に1台スマートフォンを持っているという時代といってもおかしくありません。そのくらいス [...]

携帯性に優れたスマートフォンのセキュリティ対策

スマートフォンやタブレットは携帯性に優れており、利便性があるモバイルデバイス端末になります。 企業の大切な情報や個人情報が入っているモバイルデバイス端末は利便性がよい反面、紛失してしまったり、盗難されたりすると、企業にと [...]

VPPによりアプリ配布が簡単にapple社はiOS9からVPPでappleID不要でアプリケーション配布が可能になりました。 VPPとはVolume Purchase Programの略であり、2015年9月に発表されたiOS9から、VPPにおいて一括購入したアプリケーションをモバイルデバイス端末単位で割り当てる方法が解禁されました。 VPPはapple社が企業や教育機関など法人向けに提供しているサービスの1つになります。このVPPを利用することで組織としてアプリケーションを購入できるストアになります。 VPPを利用すればアプリを複数ライセンスに一括購入することは可能でしたが、購入したアプリの配布はユーザー単位になっていました。 しかしiOS9以降は、複数ライセンスを購入したアプリをデバイス端末単位で配布できるようになり、その際に必要であった個別のappleIDも必要なくなったので管理者側としては非常に楽になりました。割り当てられたアプリケーションはそのデバイス端末を使用する全員が使用できるようになっています。

apple社はiOS9からVPPでappleID不要でアプリケーション配布が可能になりました。 VPPとはVolume Purchase Programの略であり、2015年9月に発表されたiOS9から、VPPにおいて一 [...]

mdm導入によるモバイルデバイス端末のデータ保護

企業でスマートフォンやタブレットなどを従業員全員に支給するとなると、大企業では莫大な数のモバイルデバイス端末を一括管理しなければなりません。全ての従業員のモバイルデバイス端末を管理者1人で円滑に管理をするというのはさすが [...]

mdm市場の拡大

mdm市場は年々拡大しており、日本国内だけでも数多くのmdm製品を提供する企業が増えています。 mdmとはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、大量のモバイルデバイス端末を一括管理するのには欠かせないソリューション [...]

byod事例での課題とは?

byodを導入している企業事例は増えています。 しかしbyodを導入している企業においても様々な課題を抱えており、これらの課題を解決するために色々な方法があります。 例えばbyod導入事例において社員の大きな懸念となる仕 [...]

mdmでできること

小学校や中学校などで生徒がタブレットを使って授業を受ける…この光景が当たりまえのものとなってきているのです。ここ数年でタブレット端末の導入は教育現場で急ピッチに進められています。 国としても教育現場でのICT化に力を入れ [...]

mdmソリューションとは?

タブレットやスマートフォンなどの大量のモバイルデバイス端末を従業員に支給する企業などではmdmソリューションによる一括管理導入が欠かせません。Mdmソリューションによる一括管理を行うことで、安全にそして効率よくモバイルデ [...]

リモートワイプは盗難防止対策に欠かせない

リモートワイプという言葉を聞いたことがあるでしょうか?近年、スマホやタブレットの普及により企業や教育機関でモバイルデバイス端末が導入されることが多くなっています。 モバイルデバイス端末を大量に導入する場合、一括して管理す [...]

byodを普及させるのはソリューションも重要

企業でスマホやタブレットなどのモバイルデバイス端末を活用する場合、デバイス端末を管理するためのmdmソリューションを利用します。 デバイス端末管理にはmdmを、業務アプリケーションやデータを管理する場合にはmamを、業務 [...]