スマホンアプリ殿堂 http://fsipe.org Sun, 13 Aug 2017 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 資産管理におけるMDM http://fsipe.org/2017/08/14/bookmarks-of-20170814/ http://fsipe.org/2017/08/14/bookmarks-of-20170814/#comments Sun, 13 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/fsipe-org/2017/08/14/bookmarks-of-20170814/ 業務用の端末を導入する。基本的には機器を購入し適切な部所に配備する訳だが、御存知の通りスマホの性能向上の速度は著しく、現役でいられる期間は思った以上に短い物だ。次々と開発される新規のアプリを追従するにも相応のスペックが求められ、主流に追いつけなくなった端末は「最前線」では戦えない。かと言って廃棄するかと言うと、型落ちでも十分な性能を持った機器である事は明らかであり、用途を限定する事で、資産価値を維持する事も可能だろう。MDMサービスの基本的な機能として、管理下の端末状況は簡単に確認できるし、どこで使われているかも詳細に追う事ができる。端末の導入を決める以上、時間の経過と共に自然と最前線を退いた「お古の端末」が発生する事になる。そういった端末を適切に管理、運営する事で段階的にではあるが、無駄なくIT化を進めていける。もちろん場合によっては一気に導入する事で高いシナジーを得られる環境もあるが、部署単位での段階的な導入を検討するならば、優先順位を決め、成果を確認しながらというのもコスト管理の面では有益な結果をもたらすとも言えるだろう。mdmについての資料をみて導入を検討してみては?

]]>
http://fsipe.org/2017/08/14/bookmarks-of-20170814/feed/ 0
公共Wi-Fi http://fsipe.org/2017/08/05/bookmarks-of-20170805/ http://fsipe.org/2017/08/05/bookmarks-of-20170805/#comments Fri, 04 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/fsipe-org/2017/08/05/bookmarks-of-20170805/ カフェや駅、ビジネスホテルに空港、街中のコンビニといった場所で無料のWi-Fi通信が提供されている事も近年になり増えてきた。今後は2020年のオリンピックに向けて、街の至る所で「公共Wi-Fi」が使用可能となる。端末の持つ3Gや4Gといった回線に比べて高速で通信ができる上に、パケット代を食わないので「タダ乗り」できる通信網として重宝されるが、セキュリティー面では危険が伴う事が多い。暗号化の有無や暗号化のレベルはマチマチなので最悪、暗号化されず通信内容が「平文」でそのまま飛び交うという事にもなり、専用の機器で簡単に通信内容やメール、端末へのアクセス権からパスワード等が拾われてしまう。これは公共の場で業務上の秘密を「大声で会話している」のにも近い状況だと言える。基本的にWi-Fiが使用可能な状況だと端末は優先的にWi-Fiを使用する。MDMサービスの中にはこういったWi-Fiへの制限を行う機能も搭載されており、「許可された物」以外への接続を行えないように制限できる。mdmに関してはこちら

]]>
http://fsipe.org/2017/08/05/bookmarks-of-20170805/feed/ 0
mdmのペーパーレス会議の実現 http://fsipe.org/2017/07/27/bookmarks-of-20170727/ http://fsipe.org/2017/07/27/bookmarks-of-20170727/#comments Wed, 26 Jul 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/fsipe-org/2017/07/27/bookmarks-of-20170727/ タイムリーな最新情報を提供するのに、スマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを使用するのが非常に便利です。特に企業でモバイルデバイスを導入した場合、必要な最新情報やコンテンツなどを各モバイルデバイスに配信することで、ビジネスを効率よく行うことができるでしょう。また最新情報を配信することは社内のペーパーレス化にもつながり、結果としてコスト削減にもつながりますし、業務改善、効率アップにもなり、生産性を高めることになるのです。またコンテンツグループ機能を上手に使えばペーパーレス会議を行うこともできます。複数のコンテンツをまとめたコンテンツグループを作成すると複数のファイルをまとめたコンテンツグループとして任意のモバイルデバイスに割り当てて情報を配布することができます。また会議事に修正、ブラッシュアップされた資料は、ペーパーレス会議に参加した参加者のモバイルデバイスに自動同期、配信されるので参加者は常に新しい情報の資料を閲覧できます。mdm基本情報をおさらい

]]>
http://fsipe.org/2017/07/27/bookmarks-of-20170727/feed/ 0
リモートアクセス http://fsipe.org/2017/07/18/bookmarks-of-20170718/ http://fsipe.org/2017/07/18/bookmarks-of-20170718/#comments Mon, 17 Jul 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/fsipe-org/2017/07/18/bookmarks-of-20170718/ MDMサービスの中には高度なリモートアクセス機能を有する物も多い。リモートアクセスとは遠隔で端末その物を実際に操作する事が可能な機能で、遠隔によってパスワードの変更やロック、ワイプと言った機能適応とは異なり、実際に端末自体を「操作」する事だ。電話で管理者に「ちょっとわからないんですが」と聞いて端末の操作をするとなると大変だ。その端末で電話している訳だし、通話しながらでは画面を見る事すら難しい。スマホ自体の扱いに長けていようと、新たに導入されたアプリとなると、少々の混乱は起こりうる。そんな時にリモートアクセス機能を活用できれば、どれだけ離れた場所にいようとネットワークに繋がっていれば、管理者のPCから特定の端末の「画面」をPC上に映し出し、実際に操作する事が可能となる。アプリ自体のインストール状況などを確認できるMDMサービスは多く「一括」での対応は容易なのだが、ちょっとしたトラブルへの個別対応もリモートアクセスが可能なら、社まで持ち帰る手間が削減できる。余談だが同様の機能がゲーム機などにも搭載されており、難しくてクリアできない時に友達に変わりにプレイしてもらうとい機能も存在する。tohaMDM 「モバイルデバイス管理」 のことです

]]>
http://fsipe.org/2017/07/18/bookmarks-of-20170718/feed/ 0
個人のモバイルデバイスを組織でmdm管理できる? http://fsipe.org/2017/07/08/bookmarks-of-20170708/ http://fsipe.org/2017/07/08/bookmarks-of-20170708/#comments Fri, 07 Jul 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/fsipe-org/2017/07/08/bookmarks-of-20170708/ “mdmはモバイルデバイスを管理するための管理システムになり、企業や教育機関でモバイルデバイスを導入する場合には欠かせないツールとなります。Mdmは一括してデバイス管理をすることができますが、組織では個人の所有しているスマホやタブレットをmdm管理することはできるのでしょうか?個人のスマホやタブレットをmdm管理することは可能ではありますが、個人の所有物のモバイルデバイスにはパーソナルデーターが入っています。例えば個人が管理している他人の連絡先、情報、写真、メールなどが含まれているので、それらのデータが組織に収集、保存されないように気を付ける必要があります。
また個人のモバイルデバイスに、組織のデータなど知りえてはいけない情報が入り込まないようにすることも重要になってきます。
Mdmはデバイス設定や情報やデータを管理することはできますが、個人と組織のデータを完全に離して管理するのは難しいかもしれません。
MDMとは – MoDeM

]]>
http://fsipe.org/2017/07/08/bookmarks-of-20170708/feed/ 0
利便性の代償 http://fsipe.org/2017/06/29/bookmarks-of-20170629/ http://fsipe.org/2017/06/29/bookmarks-of-20170629/#comments Wed, 28 Jun 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/fsipe-org/2017/06/29/bookmarks-of-20170629/ スマホは最早一般的な汎用ツールとして幅広く普及しており、特に若い世代ほど、その扱いには慣れ親しんでいる。そういった使い慣れたデバイスを業務で使用するのは作業効率や生産性を高める事にも繋がる部分だが、慣れ親しみすぎている部分は場合によっては思わぬ弊害を産む事にも繋がる。何事も慣れた頃が危ない物で、慣れすぎているのも思わぬ「油断」を産む。業務用のスマホと個人所有のスマホを同等に扱っていてはセキュリティー面での堅牢性は保てない。業務で使用するスマホはただのスマホではないという点を第一に認識させる必要があるが、やはり手癖は中々に抑えられる物ではない。使用後のロックを厳格化しようとも「うっかり」忘れてしまう事もあり得るだろう。そういったヒューマンエラーの回避にmdmは大きな効果を発揮する。ある程度の長さかつ数字のみで構成されない「パスワード」を強要する事も可能だが、ここを無意味に長く複雑なパスワードにしてしまうのも利便性の低下を招く要因となる。効率化と利便性、そして安全面、これらを全て同時に満たすにはやはり、使う人間の意識から変える必要があるのは間違いない部分と言えるだろう。MDM 「モバイルデバイス管理」 サービス – MoDeM

]]>
http://fsipe.org/2017/06/29/bookmarks-of-20170629/feed/ 0
“Mdmとbyod “ http://fsipe.org/2017/06/19/bookmarks-of-20170619/ http://fsipe.org/2017/06/19/bookmarks-of-20170619/#comments Sun, 18 Jun 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/fsipe-org/2017/06/19/bookmarks-of-20170619/ みなさまこんにちは。今回はmdmとbyodの違いを見ていきたいと思います。この二つで大きな違いから紹介します。Mdmは会社所有の携帯を管理するためのツールで、byodは私物の携帯のセキュリティを管理するソフトです。大きく違いますね。Byodの恐ろしいところは私生活に仕事が混在してしまうところです。
Byodのメリットで使い慣れた携帯で業務を行えるとしていましたがそんなのストレスフルで耐えれない人もいるでしょう。その点、Mdmは会社所有の携帯なので変にストレスを感じることはないでしょう。
両方ともかなり流行って着てますが、私はbyodは嫌ですね。Mdmにしてもらって休日は会社のことから離れたいです!ただ会社側から考えると携帯を支給しないというローコストで社員を管理できるのは非常にいいですね。携帯を導入し直す時はどうなるのか謎ではありますけどね。正直わからない部分も多いですけど、非ジョーに怖いなと思います。もし、byodになりそうだったらmdmを進めましょう。
mdm情報

]]>
http://fsipe.org/2017/06/19/bookmarks-of-20170619/feed/ 0
Mdmが世に知られ始めてる件 http://fsipe.org/2017/06/10/bookmarks-of-20170610/ http://fsipe.org/2017/06/10/bookmarks-of-20170610/#comments Fri, 09 Jun 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/fsipe-org/2017/06/10/bookmarks-of-20170610/ みなさまこんにちは。最近になってmdmの認知度が上がってきているように思います。まだまだ知らない人のために一言言うと、mdmとは携帯端末管理ソフトのことです。基本的にはスマホのセキュリティ対策を用のソフトです。
さて、そんなmdmがどこから知られてきているのでしょうか?それはみなさんも一度は行ったことのある「学校」からです。
「え、なんで!?」と思う人もいるかもしれませんね。いますぐ「教育 スマホ」と検索して見てください。教育においてスマホが話題のなっていることがよくわかるはずです。その陰でせっせと働いているのがmdmです。スマホを教育で使うにはmdmというソフトが必要だからですね。意外なとこから知られ始めたなーと思います。それに合わせてappleがmdm用のdepというのも出したそうです。これはマック製品を利用してmdm導入を考えている人が一括ですぐ導入できるようにするためのものです。
どんどん進化していくなーと思います。次はどんな業界でmdmが注目されるんでしょうか?MDM

]]>
http://fsipe.org/2017/06/10/bookmarks-of-20170610/feed/ 0
うまいなぁ~ http://fsipe.org/2017/06/02/bookmarks-of-20170602/ http://fsipe.org/2017/06/02/bookmarks-of-20170602/#comments Thu, 01 Jun 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/fsipe-org/2017/06/02/bookmarks-of-20170602/ 名刺の管理サービスでは最も有名なSansan。このサイトを開いたら以前とかなり様子が違っていたんですよ。よくよく見ると、Sansan株式会社自体のサイトを訪ねていたもよう。

そこにはSansanの社内でしょうか、その様子ビデオで流れ、外の古民家の風景と桜の木。今、春そのものの季節感、そしてビジネスマンの出逢い、名刺交換の様子などが最初に流れます。

それ以外の情報は別のページに移るんですが、法人向け、個人向けと分かれています。それぞれを訪問しましたが、やはり初めて見る画面。大幅にリニューアルしたようですね。でもとても分かりやすいです。

会社自体のサイトはトップページはビデオしか流れず、でも他のページに行くと文字だけで簡潔にわかりやすく紹介されています。さすが、うまいなぁ~と思わせる作りです。

]]>
http://fsipe.org/2017/06/02/bookmarks-of-20170602/feed/ 0
事例を見ると現実がわかる http://fsipe.org/2017/05/31/bookmarks-of-20170531/ http://fsipe.org/2017/05/31/bookmarks-of-20170531/#comments Tue, 30 May 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/fsipe-org/2017/05/31/bookmarks-of-20170531/ CRMの導入事例、というか成功事例があるコラムで紹介されていました。これ、けっこうな効果が出ていますよ^^

販売部署だけでCRMを試したとのこと。3ユーザーまでは無料で使えるCRMだったそうで、ここの販売部署は2名。導入費用も格安だったんですね。

CRMを活用するということは情報を全てこちらに入力しないといけませんよね。今までの情報をCSVで出力してCRMへと移行。そのCRMで分析をし、既存顧客の情報を最適化したそうです。

ためしに、いつも行うキャンペーンを最適化された顧客、それぞれの嗜好に合わせた製品紹介をしたところ、それまで7%ほどの反応が20%近くに達し、売り上げも2割増加したそうです。CRMの機能はここでは終わりませんよね。商品販売の後にもサンキューメール、ステップメールと次々に戦略的に、しかも顧客に嫌がられずに^^メールを送ることが可能となります。これによって、顧客満足度も上がって行ったと思われます。結果、販売部署だけでなくその成果が認められて全ての部署でのCRMが導入されたということです。

営業支援システムSFA

]]>
http://fsipe.org/2017/05/31/bookmarks-of-20170531/feed/ 0